$ \DeclareMathOperator{\arccosh}{arccosh} \DeclareMathOperator{\arcsinh}{arcsinh} \DeclareMathOperator{\rank}{rank} \DeclareMathOperator{\rot}{rot} \DeclareMathOperator{\grad}{grad} \DeclareMathOperator{\diver}{div} $

MScripter 化チュートリアル
- narcissu 編 -

narcissu の変換手順です。

1ゲームの入手

公式サイトなどからゲームを入手し解凍します。
MScripter 用に変換する前に一度プレイしてみることをおすすめします。
※こちらで確認した時には、ナルキ1とナルキ2がセットになっているもので無く、ナルキ1単体のものを使用しました(nana24.exe)。 ですがこのファイルはもう置いていないようです。 現在のセット版でもいけると思いますが、若干やり方が違うかもしれません。(ググればあるかも?)

2封印解除

2.1シナリオファイル

ゲームディレクトリ内の、「nscript.dat」を復号化し、復号化後のファイル名を「0.txt」とします。

2.2アーカイブファイル

「arc.nsa」を Susie プラグイン等を用いて展開します。

3シナリオファイルの変換

差分ファイルを用意しました。 暗号化解除済みの「0.txt」と同じ場所に移動してから実行してください。
  • 音声ありスクリプトを削除し、ファイル容量を減らしています。
  • 文字の表示位置がオリジナルのままだと明らかに狭いので、左寄せしています。
  • 画像ファイルの拡張子も全て .jpg に変えています。
その他についても、使用状況に応じて適切に書き変えてください。

4画像ファイルの変換

次に画像ファイルの変換をします。 OAP が読める画像形式は png と jpeg のみですので、 jpeg に変換するのが良いと思います。
今回は元画像が$800 \times 600$、MScripter 上での画面サイズが、 $240 \times 180$ ですので、30% に縮小しましょう。
jpeg の圧縮レベルは、 50% ~ 75% ぐらいが最適かと[1]

[1]私は 50 で変換しました

5設定ファイルの編集

「config.bat」と、「res/mscripter.conf」を編集します。 ゲーム名などを適切に書き変えてください。

6シナリオと画像ファイルの投入

ここまでできたらまずは「res」ディレクトリ内にシナリオファイル(0.txt)を入れます。
次に画像ファイルを入れたいのですが、おそらく全部は入りません。 諦めましょう。
最初の方に使う画像だけを選んで入れれば、3章ぐらいまでならプレイできます。
私の場合はこんな感じ。 クラスファイルを proguard というソフトで処理してファイル容量を減らしているため、このままだと入らないと思いますが…。
│  0.txt
│  loadFail.png
│  mouseCursor.png
│  mscripter.conf
│  textCursor.png
│  title.jpg
│  
└─dat
    │  cursor0.jpg
    │  
    ├─e
    │      amazora02.jpg
    │      b.jpg
    │      byoin7_rouka.jpg
    │      byoin_heya_yu2.jpg
    │      byoin_rouka.jpg
    │      c00.jpg
    │      c001.jpg
    │      c001a.jpg
    │      c001b.jpg
    │      c002.jpg
    │      c003.jpg
    │      c004.jpg
    │      c005.jpg
    │      c0052.jpg
    │      c02.jpg
    │      c03.jpg
    │      c032.jpg
    │      c033.jpg
    │      c04.jpg
    │      c042.jpg
    │      carkey.jpg
    │      chara_001.jpg
    │      chara_0012.jpg
    │      chara_0013.jpg
    │      chara_0013b.jpg
    │      chara_k01.jpg
    │      coin_tennai.jpg
    │      danwa.jpg
    │      danwa_ame.jpg
    │      danwa_yoru.jpg
    │      imege95.jpg
    │      imege96.jpg
    │      imege97.jpg
    │      nar01.jpg
    │      nar01c.jpg
    │      nar01d.jpg
    │      sora01.jpg
    │      sora03.jpg
    │      sora07.jpg
    │      sora_ame01.jpg
    │      sora_ame02.jpg
    │      sora_ame03.jpg
    │      sora_yoru01.jpg
    │      title_off2.jpg
    │      tv_hana.jpg
    │      w.jpg
    │      
    ├─sys
    │      fullsc.jpg
    │      mini_title.jpg
    │      modoru.jpg
    │      window.jpg
    │      ya_left.jpg
    │      ya_right.jpg
    │      
    ├─tui
    │      cur.jpg
    │      cur2.jpg
    │      na02.jpg
    │      
    ├─tui2
    │      c0432.jpg
    │      c044.jpg
    │      title_off.jpg
    │      title_on.jpg
    │      
    └─yobi
        └─system
                chapter00.jpg
                chapter01.jpg
                chapter02.jpg
                chapter03.jpg
                chapter04.jpg
                chapter05.jpg
                chapter06.jpg
                chapter07.jpg
                chapter08.jpg
                t1.jpg
                t10.jpg
                t11.jpg
                t12.jpg
                t2.jpg
                t3.jpg
                t4.jpg
                t5.jpg
                t6.jpg
                t7.jpg
                t8.jpg
                t9.jpg

7ビルドと動作確認

「build.bat」をダブルクリックして、jad ファイル、jar ファイルを作成します。
できたらまずは WTK のエミュレータで動作確認をしてみましょう。 「run.bat」をダブルクリックすると開始されます。
さてエミュレータで動作確認できたら、 適当な web サーバ上にダウンロードリンクを張った (X)HTML ファイルと、jad ファイル、jar ファイルをアップロードし、 携帯からアクセスしてプレイしましょう[1]

[1]分かると思いますが、jad ファイルや jar ファイルは bin ディレクトリ内に作成されます